Ableton エイブルトン / Live 10 ...|わたしのMIDIインターフェイスについて

product1
product2
product3
Ableton エイブルトン / Live 10 Standard 通常版 DAWソフトウェア【渋谷店】1
Ableton エイブルトン / Live 10 Standard 通常版 DAWソフトウェア【渋谷店】2
Ableton エイブルトン / Live 10 Standard 通常版 DAWソフトウェア【渋谷店】3

Ableton エイブルトン / Live 10 Standard 通常版 DAWソフトウェア【渋谷店】

48800円

直感的な操作での音楽制作を可能にするDAWソフト Liveは、スピーディーでスムーズな音楽制作とパフォーマンスのためのソフトウェアです。タイムラインベースのワークフローを使用したり、Liveのセッションビューで制限なく即興演奏を行ったりできます。先進的なワーピング機能により、音楽をストップさせることなく、オーディオのテンポやタイミングをリアルタイムで変化させることができます。バーチャル・インストゥルメント、ドラムマシン、ギター、実世界のオーディオを録音。Capture機能を使用すれば、演奏後にMIDIノートをキャプチャできるので、のびのびとした演奏から偶然生まれたアイデアを音楽に変換できます。 Liveのエフェクト、インストゥルメント、サウンド、クリエイティブな機能を活用すれば、イマジネーション以外に制限はありません。Liveのネイティブ・デバイスをサウンドデザインの基盤として使用したり、厳選された多種多様なPackから新しい何かを生み出したりできます。また、Liveではすべてのタイミングが合わせられるため、ステージ上での即興演奏やハンズオン・プレイにも最適です。ソフトウェアに合わせたパフォーマンスを行うのではなく、パフォーマンスに合わせてソフトウェアをカスタマイズすることができます。さらに、Liveに合わせて開発されたAbletonインストゥルメントPushを使用すれば、ハードウェアの直感的な操作でソフトウェアの全機能を活用できます。 Live で作曲 どのようなスタートであれ、Liveは、閃いたアイデアをスピーカーから響かせるための手段を提供します。 セッションビューでは、電光石火でアイデアをスケッチできます。演奏、ミックス、長さやテンポの異なるMIDIループ/オーディオ・ループのマッチなど、音楽をストップさせることなく実行できます。アレンジメントビューでは、タイムラインに沿ってアレンジし、楽曲のセクションを構築することができます。また、セッションビューから直接アレンジを録音し、完成した曲を即興演奏することもできます。 Liveのシンセサイザーは、ウェーブテーブル、FM、アナログ、フィジカル・モデリングなどの各種アーキテクチャを使用した幅広いサウンドを提供します。サンプリング・デバイスは、内蔵スライス機能、ワープ機能などを用いてドラム・サンプルとマルチサンプル・インストゥルメントを最大限に活用するのに役立ちます。内蔵のMIDIエフェクトではノートに独創的なマニピュレーションを加えたり、オーディオ・エフェクトではミックスをクリーンにしたり逆に粗さを加えたりできます。 LiveのCore LibraryはLiveの全エディションに付属しており、ビンテージ・シンセ、アナログ・ドラムマシン、キー、マルチサンプル・ドラムなどが含まれています。Curated Collectionsは、新しい何かを生み出すきっかけとなるようデザインされたシーンの厳選サウンドからなるツールキットです。 リミットのないソフトウェア Liveには必要なすべてが搭載されていますが、個々のユーザーのニーズにも柔軟に適応します。ノブ、フェーダー、ボタンをほぼすべてのコントローラーにマッピングでき、Liveのほとんどのパラメーターをハンズオンでコントロールできます。また、自動マッピング対応のMIDIコントローラーのラインアップもますます拡大。即時に操作をスタートできます。 Max for LiveはLiveのインストゥルメントやエフェクトを駆動するソフトウェア・プラットフォームです。豊富な内蔵サウンド・ジェネレーター、オーディオ・エフェクト、MIDIエフェクトをロードしてサウンドを拡張しましょう。また、デバイスのカスタマイズに使用し、独自のデバイスを構築したり、Liveの動作に変更を加えたりできます。さらには、照明、カメラ、センサー、サラウンドサウンド構成などにLiveを接続することさえ可能です。 Live でパフォーマンス 音楽をリアルタイムでトリガー、再シーケンス、リミックス。外部ハードウェアをコントロールしたり、外付けエフェクトを統合したりできます。また、自分や他のメンバーによる演奏をインプロヴァイズしたり、オーディオに処理を加えたりできます。 Liveを使用すれば、セットアップを拡張し、他のユーザーとコラボレートできます。このテクノロジーはネットワーク接続を介してタイミングを同期させることができるため、Reason、Seratoなどのソフトウェアやますます増加中の対応iOSアプリをLiveセットアップに連動させることができます。 Live 10 Standardの主な機能 ・ソフトウェア/ハードウェア・インストゥルメントのマルチトラック・オーディオ録音とMIDIシーケンシング ・ノンリニアな作曲、フレキシブルな演奏、インプロビゼーションを可能にするLive独自のセッションビュー ・オーディオのリアルタイム・ワーピング — 音楽とループをそのテンポに関係なく自動同期 ・ステージおよびスタジオでのハンズオン・クリエイションを可能にするMIDIマッピング可能なコントロール — 人気ハードウェア・コントローラーでの自動マッピング ・オーディオ/MIDI変換ツール:ハーモニー、メロディ、ドラムをオーディオサンプルから抽出してMIDIに変換 ・クリエイティブなサウンド・デザイン、ミキシング、マスタリングを可能にする包括的な内蔵オーディオ・エフェクト ・先進のサンプリング/スライシング・ツール ・VSTおよびAudio Unit対応 ・スイングをオーディオやMIDIに適用したり、オーディオ・ファイルからリズム感を抽出するグルーヴ・エンジン ・ビデオをインポート/エクスポートし、映像に対して楽曲を作成したり、映像を音楽に合わせてワーピング インストゥルメント、エフェクト、サウンド ・3 x インストゥルメント:Simpler、Impulse、Drum Rack - さらにInstrument RackおよびExternal Instrumentデバイス ・42 x オーディオ/MIDIエフェクト ・1800+ x サウンド ・10+GBのループとサンプル